ボードゲームアリーナ(BGA)の【シュレーディンガーの猫】レビュー&口コミ紹介

プレイレビュー

みなさんは、最近ボードゲームしてますか??

 

250種類以上のボードゲームを、

  • オンラインで世界中のプレイヤーと
  • 自宅で好きな時間に
  • PC・スマホ・PS4などのさまざまな機器で

遊ぶことができるサイト「ボードゲームアリーナ(BGA)

 

そんな「ボードゲームアリーナ(BGA)」で「シュレーディンガーの猫(Schrodinger’s Cats)」を遊んでみました。

  • ”シュレーディンガーの猫”ってどんなゲーム?
  • ボードゲームアリーナでプレイするとどんな感じ?
  • ボードゲームアリーナで”シュレーディンガーの猫”を遊ぶメリットは?
    口コミはどんな感じ?

など、「ボードゲームアリーナ(BGA)」や「シュレーディンガーの猫(Schrodinger’s Cats)」について疑問や興味のある方はぜひご覧ください!

「ボードゲームアリーナ」の公式HPはこちら

「ボードゲームアリーナ」の詳細について知りたい方は

こちらの記事をご覧ください!

シュレーディンガーの猫(Schrodinger’s Cats)の内容紹介

ゲームの基本情報


※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより

プレイ人数 2~6人
プレイ時間 9分
複雑さ(5段階) 1(すごく簡単)
戦略(5段階) 3(戦略性あり)
運(5段階) 2(運要素低め)
やり取り(5段階) 0(やり取り無し)
※私は1(けん制くらいはあり)かなと思いました
BGAでの実装日 2020年12月3日
メーカー 9th Level Games
発売日 2015年

「生きた猫(ALIVE)」「死んだ猫(DEAD)」
「空の箱(EMPTY)」「ハイゼンベルグ(HEISENBERG)」
4種類のカードが入った山札からランダムにカードが配られ、

配られた全員のカードをオープンにしたとき、何のカードが何枚(以上)あるか

を予想していくカードゲームです。

 

”騙し合い、探り合い” というゲームではなかったので、

「人狼のようなゲームは苦手…」という方も楽しめるゲームでした!

私は「人狼」のような騙し合いのゲームは苦手です…
そんな私でも、このゲームは楽しむことができました♪

ゲームのルール・遊び方


※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより。特殊カード1枚、人数に応じた枚数カードを配ったらゲームスタート!

「ボードゲームアリーナ」の公式HPはこちら

 

カードをよく混ぜて、各プレイヤーに「特殊カード1枚」と「人数に応じた枚数のカード」を配ります。
※カードの配る枚数は、「ゲームの参加人数×1枚」です。(3人なら3枚、5人なら5枚です)


※説明で使用している画像はボードゲームアリーナ公式HPより

この配られたカードで、「何のカードが何枚(以上)あるか」を予想していきます。
予想は、画面左側にある「カラフルな数字が描かれたボード」で行います。
※予想は「ハイゼンベルグ」以外のカードで行います。「ハイゼンベルグ」は他のどのカードにもなれる(カウントできる)スペシャルカードです。

予想するときの注意点!
カードの配る枚数と予想する枚数は、

  • 3人でプレイ:3枚×3人=9枚 9枚のカードから、何が何枚あるかを予想する。
  • 4人でプレイ:4枚×4人=16枚 16枚のカードから、何が何枚あるかを予想する。
  • 5人でプレイ:5枚×5人=25枚 25枚のカードから、何が何枚あるかを予想する。

ということなので、カードが全部で何枚あるかは忘れないでください。

<例えば…>
4人でプレイしているのに、「生きた猫が18枚あると予想する」💦

⇒ 仮に全部「生きた猫」のカードが配られていたとして、4枚×4人=16枚です。
  17枚以上はそもそもありえない数字なんです…💦

 

 

<”カードの種類&枚数の予想” やり方>


※説明で使用している画像はボードゲームアリーナ公式HPより

「カードの種類&枚数の予想」は、画面左側にある「カラフルな数字が描かれたボード」で行います。

  • ピンク色の数字が、「生きている猫(ALIVE)」を予想するところ
  • 緑色の数字が、「死んでいる猫(DEAD)」を予想するところ
  • オレンジ色の数字が、「空の箱(EMPTY)」を予想するところ

です。

※予想は「ハイゼンベルグ」以外のカードで行います。ハイゼンベルグは他のどのカードにもなれる(カウントできる)スペシャルカードです。

 

 

<ゲームの流れ>


※説明で使用している画像はボードゲームアリーナ公式HPより

ゲームの流れは、「最初のプレイヤー」と「2番目以降」とで少しだけ違います。

  • 最初のプレイヤー:自分の手札カードを参考に、「何のカードが何枚(以上)あるか」を予想します。
  • 2番目以降のプレイヤー:前のプレイヤーが予想した「カードの種類&枚数」を見て、
    ① それ以上の大きい数字(前予想の右側)を予想する。
    ② 「立証する」(全員のカードを公開して、前のプレイヤーの予想が合っているか確認する。)
    のどちらかを選びます。

※ ②を選んだ場合その結果によって、「前ターンのプレイヤー」か「今ターンのプレイヤー」のどちらかがゲームから脱落します。

ゲームを進めていく中で、プレイヤーは次々脱落していきます。最後の1人なったプレイヤーが勝利です。

 

 

<脱落してしまったら?>


※画像はボードゲームアリーナ公式HPより。脱落しても続きを観戦できます。でもプレイヤーの手札カードは見れません…。

 

ゲームを脱落すると、それ以降勝者が決まるまで何もできませんが、
ボードゲームアリーナでは、実際のゲームと同様、続きを観戦することはできます。
(他のプレイヤーのカードを確認することはできません)

・ルールを再確認しても良し
・次のゲームに向けて、他のプレイヤーのクセを観察しても良し
・通話で邪魔をしたり手助けしても良し(他のプレイヤーに確認してからにしましょう!)

やり取りを観戦しているだけでも面白いですよ♪

実物を買うとしたら…お値段を比較

「ボードゲームアリーナ」では、『シュレーディンガーの猫』は無料で遊ぶことができますが、

実物のボードゲームを購入するとしたら…?
ということで、「Amazon・楽天・Yahooショッピング」でお値段をご紹介しているのですが…

『シュレディンガーの猫』については、商品を見つけることができませんでした。

実物のボードゲームを見つけましたらご案内します。

比較サイト(2021年6月時点) お値段
Amazon 見つけられず…
楽天 8,980円+送料無料
※輸入品のようですが、イラスト以外内容が確認できませんでした。
すいませんが購入は自己責任でお願いします💦
Yahooショッピング 7,080円+送料無料
※アメリカからの輸入品のようですが、イラスト以外内容が確認できませんでした。
すいませんが購入は自己責任でお願いします💦

 プレイレビューと口コミ

遊んでみた感想

一緒に遊ぶプレイヤーにルールを教えてもらい、1ゲーム目は4人、2ゲーム目は5人でプレイしました!

 

ボードゲームアリーナでは、進行の処理などを自動でやってくれます。

  • カードを各プレイヤーに配る
  • 全員のカードを公開した時に、カードのカウントを自動でやる
  • カードのシャッフル

などを自動でやってくれるのは便利です!

自動でやってくれるのはもちろん便利ですが、
他のボードゲームと比べると、自動によるありがたさは低いかもです。
(そもそものゲームで使うアイテムが少ないですし…)

 

 

<1ゲーム目>

※画像はボードゲームアリーナ公式HPより。1ゲーム目。4人プレイ。

 

私が最初のプレイヤーだったため、「カードの種類&枚数」を予想することに…

でも…ルールを聞いた直後なので、よく分かっていなかったんですよ…

「生きている猫(ALIVE)が8枚」

↑私が最初の予想した内容ですww

 

突拍子もない予想をしたわけではないのですが~

1ゲーム目は4人プレイなので、カードは全部で16枚(4枚×4人=16枚)

つまり、いきなり「半分の8枚」と予想をしたわけですね💦

最初なので、「生きている猫(ALIVE)が3枚、4枚」とかでも良かったのに~ということです💦

 

次のプレイヤーは当然、

さすがに半分の8枚もないのでは?

と全員のカードを公開w(立証)

結果「生きている猫(ALIVE)」は7枚だったため、あと1枚だったとはいえまさかの速攻脱落(*_*;

1ゲーム目は、見事にゲーム性を理解していない行動からの、早々の脱落という結果でした~
(ゲームが盛り上がらないですよね…他のプレイヤーにも申し訳なかったです💦)

 

 

<2ゲーム目>

※画像はボードゲームアリーナ公式HPより。2ゲーム目。5人プレイ。

 

2ゲーム目は1人追加しての5人プレイ。

今度は最初から大きい数字にするのはやめよう…

そう心に決めてのプレイです。

私は3番目。

 

前2人が「死んだ猫(DEAD)」の数を予想する中、

私の手札には「生きている猫(ALIVE)」が3枚と多いことから、

「生きている猫(ALIVE)が10枚」

と予想!

 

「死んだ猫(DEAD)」での予想が続く中で、私が「生きている猫(ALIVE)」の予想をしたことがけん制になったようです(もちろんそこまで考えてはいませんw)

 

次のプレイヤーはそれより大きい数字を予想したため、1ターン生き残ることに成功です♪w
(2ターン目ですぐに脱落してしまったけど、まぁいいでしょうw)

2ゲーム目は、速攻脱落は防げたものの、やはり早くに脱落… 練習が必要ですね( ;∀;)
(でもとても楽しかったです。ギャンブルに近い感覚でした♪)

 

1ゲームにそこまで時間がかからず、サクっとできるのがいいですね!

カジノなどの「ブラックジャック」や「ポーカー」に近い印象でした。

騙し合い、という感じでもなかったので、”人狼のようなゲームが苦手” な人でも楽しめますし、
騙し合いのようなゲームの練習として遊んでみてもいいかもしれません。

 

私が感じた「ボードゲームアリーナ」でプレイするメリット
  • 「カードを配る」「公開した時のカード枚数のカウント」が自動で行われます。
  • カードシャッフルも自動でやってくれるので、カードが偏る心配がありません。
  • 実物のボードゲームがAmazon・楽天・Yahooショッピングなど大手通販サイトで扱われていない(見つけられていないだけかも…)
ボードゲームアリーナのデメリット

特に見当たりませんでした。

他の方の口コミ

他のプレイした方々の口コミを『Twitter』で集めてみました。

良い口コミ

「具体的に○○が良い」という声を見つけることが出来ませんでしたが、

  • ボードゲームアリーナでシュレディンガーの猫を遊んだけど楽しかった

という声がありました♪

悪い口コミ

悪い口コミを探す以前に、良し悪し関係なくTwitterでの書き込みがそもそも少ないです💦

  • 人が集まりにくい(このゲームは人数がある程度いた方が面白いですからね💦)

という声もありましたので、まだまだ遊ぶ人が少ないようです。

最後に

いかがだったでしょうか。

 

「ボードゲームアリーナ」は、

  • 世界中のユーザー・離れた友人と遊ぶことができる
  • 基本無料で、250種類以上ものボードゲームを遊ぶことができる
  • PC・タブレットやスマホ、PS4など幅広い機器に対応している
  • 点数計算、選択肢表示、カードシャッフルなどを自動でやってくれる
  • ちょっとした時間にボードゲームを遊ぶことができる

などのメリットがありますが、今回遊んだ「シュレディンガーの猫」では特に、

「カードの配布などを自動でやってくれる」

という点が良かったです。

 

ボードゲームアリーナでは、一部有料のプレミアム会員でないと卓(プレイルームのようなもの)を作成することができません。(参加は無料なので、誰か1人がプレミアム会員になれば遊べます)

※画像はボードゲームアリーナ公式HPより

ですが、今回遊んだ「シュレーディンガーの猫(Schrodinger’s Cats)」は非会員でも遊ぶことができます。

無料で遊ぶことができるので、気になった方はまずやってみましょう!

面白さは、やってみないと分かりませんよ!

「ボードゲームアリーナ」の公式HPはこちら

※画像はボードゲームアリーナ公式HPより

コメント

タイトルとURLをコピーしました