ブロックス(Blokus)の遊び方とは?ゲームルールや2~3人でのやり方をご紹介

ボードゲーム紹介

シンプルだけど奥が深い テリトリー戦略ゲーム

がキャッチフレーズのボードゲーム「ブロックス(Blokus)

ルールは1分で覚えられるほどカンタン!」の言葉通り、
すぐに遊べる手軽さなのに、遊んでみると思い通りにはいかない…
なかなかに奥が深いパズルタイプのボードゲームです。
(私が大人になって最初に遊んだボードゲームです。)

そんな「ブロックス(Blokus)」の

  • 基本情報
    ①ゲームの概要
    ②対象年齢・プレイ人数・プレイ時間・ジャンルなど
    ③受賞歴
    ④箱の中身
  • ルール
    ①基本ルール
    ②2人で遊ぶ場合、3人で遊ぶ場合
  • 関連グッズ
  • レビュー(遊んでみた感想と私の評価)
についてご紹介します。

ブロックス(Blokus)の基本情報

ここでは、「ブロックス(Blokus)」の基本情報として、

  1. ゲームの概要
  2. 対象年齢・プレイ人数・プレイ時間・ジャンルなど
  3. 受賞歴
  4. 箱の中身

をご紹介します。

①ゲームの概要

4色のピースの中から自分の色を決めて、順番にボードにピースを置いていきます。
最終的に、置いていったピースのマス目が多いプレイヤーが勝ちです。

ルールも簡単で、1回のプレイ時間が長くないため、
ボードゲーム初心者」でも楽しめるおすすめのゲームです。

 

ゲーム後半に進むにつれ、ピースを置く場所がどんどん少なくなっていきます。

  • 「もうピース置けないかな…」と思ってたけど、置ける場所を見つけた時
  • 他のプレイヤーの間をぬってピースを置けるルートを見つけた時

「見つけた~!」という感覚はクセになります。

他のプレイヤーと競っているけど、「ここに置けるよ!」とつい教えたくなっちゃいます(*’ω’*)

②対象年齢・プレイ人数・プレイ時間・ジャンルなど

対象年齢 7歳以上
プレイ人数 2~4人
プレイ時間 約20~30分
対戦・協力 対戦
ジャンル パズル・陣取り
難易度 ★☆☆☆☆
ルール説明の時間 簡単、すぐ遊べます
プレイ感 軽く楽しめる

③受賞歴

ブロックス(Blokus)の受賞歴(Wikipediaより)

※Wikipediaのリンク先はこちら
・2000年 パリ トイグランプリ受賞
・2001年 カンヌ国際トイフェスタ受賞
・2002年 ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート
・2002年 日本ゲームマーケット大賞
・2003年 Gold Awards Oppenheim Toy Portfolio USA受賞

・2003年 Mensa Award USA
・2003年 日本ボードゲーム大賞2002 国際ゲーム部門
・2005年 日本頭脳スポーツゲーム大賞2005 海外ゲーム部門ベストブレイニスト賞

④箱の中身

お店では箱の中身まではなかなか見れません。
参考にしていただければと思います。

・説明書 1枚
・ボード 1枚(20×20の400マス)
・パズルピース 84個(21個×4色)※赤、青、黄色、緑

<参考:パズルピースの種類>

ブロックス(Blokus)のルール

4人で遊ぶ場合

ルールは1分で覚えられるほどカンタン!」とある通り、
5つのポイントを覚えればすぐにゲーム開始です!

①4色のピースの中から自分の色を決めて、順番に1つずつボードにピースを置いていきます。
②初めに置くピースは、必ずボードの隅のマスを埋めるように置かなければいけません。
③2個目からは、既に置いたピースのどれかの ”角と角がつながるように” 置かなければいけません。

④置く場所がなくなったプレイヤーはそこで終了です。
⑤全プレイヤーがピースを置けなくなったらゲーム終了。
「配置したピースのマス目が多い人=残ったピースのマス目が少ない人」が勝ちです!

2人で遊ぶ場合

・ルールは「4人で遊ぶ場合」と同じで、1人2色使います。
・それぞれ対角同士の角2つがスタートポジションです。
・ゲームが終了したら、それぞれ2色の残ったピースのマス目が少ない方が勝ちです!

3人で遊ぶ場合

・ルールは「4人で遊ぶ場合」と同じで、それぞれ色を決めます。
・残った1色のピースは、3人が交替で置いていきます。
・ゲームが終了したら残ったピースのマス目を数えますが、残った1色はカウントしません。

ブロックス(Blokus)の関連グッズ

ブロックス トライゴン(Blokus TRIGON)

基本ルールは「ブロックス(Blokus)」と同じで、ピースが三角形になったシリーズです。
ブロックス(Blokus)」よりも難しいトライゴンにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

ブロックス デュオ(Blokus DUO)

2人用の「ブロックス(Blokus)」。196マス(14×14)の中で対戦します。

レビュー(遊んでみた感想と私の評価)

・考えていたルートを邪魔された時、思わず「あ~そこな~( ゚Д゚)」ってつぶやいてしまいます。
「あーそういう置き方もあるな」と思って、すぐ次で試したくなります。
知らず知らずのうちに、ブロックスにハマっています♪

思い通りにいかないな~次はこうやればいいのか!

って遊ぶ度にプレイスタイルが変わっていくw
そして全部置くのが難しい( ゚Д゚)
※まだ1度しか全部置いたのを見たことがありません。

ゲーム序盤は「これなら全部置くの余裕じゃない?」「どうやって邪魔してやろう(゚∀゚)」とあれこれ考えていたりで、他のプレイヤーもまだまだ余裕の表情
「ここに置いて、次にここに置いて…。一応そっちのルートも残しておこう」と ”戦略” を考えておきつつ、「あそこに置いたら邪魔できるな(*´з`)」なんて考える中、”我が道をいく人”、”他のプレイヤーを邪魔しだす人” 人それぞれ。
中盤~終盤になると、ピースを置けるスペースが減っていく中で、考えていたルートに置かれてしまい、思わず「あ~そこな~」とつぶやいてしまいました。相手も嬉しそうな表情w
終盤はみんなで協力状態に!「もう置けるところ無いかも…」⇒「ここに置けるよ!」とお互い教え合う状態に。対戦ゲームだけどバチバチした雰囲気にはならないですね~♪
・ところどころ、「あーそうやって置く方法もあるな」「こうやったらもっと上手くいくじゃん」って次々思いつくんですよ。そうなると試したくなりますw ⇒「もう1回やろうよ!」と全員が言うのでもう1戦。
・「いい方法かと思ったけど、意外と上手くいかない…」⇒「もう1回だけいい?」と言っていました。
⇒ もうブロックスにハマっていました(*’ω’*)
<私の評価>
運の要素 ★★☆☆☆
戦略性 ★★★☆☆
はったり ★☆☆☆☆
交渉・駆引き ★☆☆☆☆
オススメ度 ★★★★☆

まとめ

いかがだったでしょうか。

ブロックス(Blokus)」はルールが簡単で、1回のプレイ時間もそこまで長くないため、
遊び方を知らない方でもすぐに楽しめます。

数多くあるボードゲームの中でも値段がそこまで高くはなく、
初心者の方にオススメのボードゲームです。

「もう1回!」と時間を忘れて夢中になれるボードゲーム
ぜひご家族と、友人と、遊んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました