ボードゲームアリーナ(BGA)の【インカの黄金】レビュー&口コミをご紹介

プレイレビュー

みなさんは、最近ボードゲームしてますか??
ボードゲームアリーナ(BGA)というものをご存知ですか??

 

ボードゲームアリーナ(BGA)とは、

  • 250種類以上のボードゲームを
  • オンラインで世界中のプレイヤーと
  • 自宅で好きな時間に
  • PC・スマホ・PS4などのさまざまな機器で

遊ぶことができるサイトのこと

 

今回は、そんな「ボードゲームアリーナ(BGA)」で「インカの黄金(Incan Gold)」を遊んでみました。

  • ”インカの黄金” ってどんなゲーム?
  • ボードゲームアリーナでプレイするとどんな感じ?
  • ボードゲームアリーナで ”インカの黄金” を遊ぶメリットは?
    口コミはどんな感じ?


など、「ボードゲームアリーナ(BGA)」や「インカの黄金(Incan Gold)」について疑問や興味のある方はぜひご覧ください!

「ボードゲームアリーナ」の公式HPはこちら

「ボードゲームアリーナ」の詳細について知りたい方は

こちらの記事をご覧ください!

インカの黄金(Incan Gold)の内容紹介

ゲームの基本情報


※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより

プレイ人数 3~8人
プレイ時間 8分
複雑さ(5段階) 1(かなり簡単)
戦略(5段階) 2(戦略性少なめ)
運(5段階) 4(運要素高め)
やり取り(5段階) 0(やり取りなし)
BGAでの実装日 2017年4月20日
メーカー Eagle-Gryphon Games
発売日 2006年

※「インカの黄金」は2018年4月1日より、プレミアム会員のみがテーブルを作成できるボードゲームとなりました。

インカの古代遺跡を探索して、他のプレイヤーよりも多くの財宝を集めよう!
毎ターン「キャンプに戻る」「探検を続ける」のどちらかをそれぞれのプレイヤーが決断します。
遺跡の奥に進めばそれだけ多くの財宝が手に入りますが、同時に罠や危険な生物などに遭遇する危険も増えてきます。

また「キャンプに戻る」タイミングも、他のプレイヤーと被らないタイミングの方がより良いというのが面白いところ!
いかに他のプレイヤーを出し抜くかがポイントですね。

プレミアム会員のみがテーブルを作成できる??

「ボードゲームアリーナ」では、「プレミアム会員」じゃないとテーブル(プレイルームのようなもの)を作成することができないゲームがあります。
ゲームに参加するのはプレミアム会員じゃなくても出来るので、1人だけプレミアム会員になれば遊べます☆

ゲームのルール・遊び方


※画像はボードゲームアリーナ公式HPより。誰もキャンプに戻らず遺跡探索は続いていく。そろそろ戻り時か…?

「ボードゲームアリーナ」の公式HPはこちら

 

<ゲームの流れ>


※図の中で使用している画像はボードゲームアリーナ公式HPより

自分のターンなどはなく、
最初の「探検を続ける」「キャンプに戻る」を選択するところ以降は、
選んだ内容に応じてゲームが自動的に進んでいきます。

 

<「探検を続ける」「キャンプに戻る」の選択>


※図の中で使用している画像はボードゲームアリーナ公式HPより

各プレイヤーは、最初に「探検を続ける」「キャンプに戻る」を選択します。

  • 探索を続ける…遺跡の奥に進み財宝探索をします。
    _______時には障害(罠や危険生物)に遭遇することも。
  • キャンプに戻る…遺跡探索をやめ、キャンプに戻ります。
    ________キャンプに戻って初めて財宝を獲得したことになります。

 

<財宝カード>


※図の中で使用している画像はボードゲームアリーナ公式HPより

遺跡探索をしていると、財宝を見つけることがあります。
財宝の数は、カードに描かれている数字の分です。

見つけた財宝は「探検を続ける」を選んているプレイヤーで均等に分けて、余りはそのままにしておきます。

余った財宝については、「キャンプに戻る」を選んだプレイヤーがもらうのですが、同時に他にも「キャンプに戻る」を選んだプレイヤーがいた場合は、そのプレイヤーと山分けします。

基本的に、勝利に向けてこの財宝を集めることになります。

「探検を続ける」を選んで手にした財宝は、「キャンプに戻る」で初めて獲得(確定)したことになります。「探検を続ける」を選んだ結果、(後で説明する)同じ障害カードが2枚出てしまうと、そのラウンドで手にしていた財宝は無くなってしまいます。

奥まで進めば、それだけ財宝をたくさんGETできるチャンスがありますが、ラウンド中に手にした財宝を失う可能性も高くなります。
早めにキャンプに戻れば、安全に財宝をGETできますが、GETの量は少しだけ…
戻るタイミングは今なのか…まだいけるのか…迷う…💦

 

<遺物カード>


※図の中で使用している画像はボードゲームアリーナ公式HPより

「遺物カード」は財宝の一種です。
GETした枚数に応じて点数が変わるので、ゲームの最後に得点計算されます。

「遺物カード」は、場に出てきた時点では特にアクションなどはなく、
次の「探検を続ける」「キャンプに戻る」の選択の時に扱います。

「遺物カード」をGETできるのは、『次に「キャンプに戻る」を選択したプレイヤーが1人だった場合のみ』となっています。
『「キャンプに戻る」を選択したプレイヤーが2人以上だった場合』は、誰も「遺物カード」をGETできず、ゲームから除外されます。

2人以上「キャンプに戻る」とGETできないし…
1度キャンプに戻ると、そのラウンドは遺跡探検することができない…。
「遺物カード」を諦めて、遺跡探索を続けるという作戦もあるな~
「遺物カード」と「余り財宝」目当てで戻るのもありだな~

 

<障害カード>

※図の中で使用している画像はボードゲームアリーナ公式HPより

遺跡にあるのは、財宝だけとは限りません。
遺跡探索を邪魔する「障害カード」が出てくることもあります。

「障害カード」は、それぞれ3枚ずつ山札に入っています。
ラウンド中に同じ絵柄の「障害カード」が2枚出てしまうと、そのラウンドは終了。
探索を続けていたプレイヤーは、そのラウンドで獲得していた財宝を全て失ってしまいます。

同じ絵柄が2枚出るとアウト!
1枚目が3種類くらい出てくると、そろそろキャンプに戻り時かもしれない…

同じ絵柄が2枚出て、ラウンドを終了させた「障害カード」は、1枚ゲームから除外します。

1枚除外されるってことは、次のラウンド以降その「障害カード」が2枚出る確率は少し下がるってことね♪

実物を買うとしたら…お値段を比較

今回遊んだ「インカの黄金(Incan Gold)」をボードゲームアリーナでプレイするには、
(誰か1人以上が)プレミアム会員にならないといけませんが…

実物のボードゲームを購入するとしたら…?

ということで、「Amazon・楽天・Yahooショッピング」でお値段を調べてみました。

比較サイト(2021年6月時点) お値段
Amazon 2,973円(税込)+ 送料無料
楽天 4,316円(税込)+ 送料無料
Yahooショッピング 3,520円(税込)+ 送料無料

「インカの黄金」を遊ぶだけなら、
プレミアム会員になるのも、実物のボードゲームを買うのも同じくらいの金額です。
ボードゲームアリーナには、プレミアム会員にならないとテーブルを作成できないボードゲームがたくさんあるので、そこも含めてプレミアム会員について考えてみてはいかがでしょうか。

プレイレビューと口コミ

遊んでみた感想

プレイした日はボードゲームアリーナでいろいろ遊んでいて、
『今日はあと1つ遊んで終わろう!時間的に短いゲームがいいな…「インカの黄金」はどう?』
ということで、「インカの黄金」で遊ぶことになりました。

ルールを簡単に教えていただき、4人でプレイしました!

 

<ゲーム序盤>

※画像はボードゲームアリーナ公式HPより。

1ラウンド目の1枚目の探検カードが「炎の罠」でした!

みんなで、「1枚目から炎の罠って、実際にこのトラップあったら絶対引っかかるww」
_____「探検が始まってすぐに丸焦げじゃんww」

と、まさかの1ラウンド、1枚目からトークが弾みました(*’▽’)

遺跡探索にトラップはつきものですが、入ってすぐはあまり見ないような…
でも、出鼻を挫くには効果大ですね(’ω’)

1ラウンド目は、とりあえず様子見で早めにキャンプに戻りました。

 

<ゲーム中盤>

※画像はボードゲームアリーナ公式HPより。

1ラウンド目は1枚目から「障害カード」が出たのに、
2ラウンド目はなかなか「障害カード」が出ません。

「障害カード」が1枚も出ないので、「キャンプに戻る」人は当然誰もいません。

こういう時って、お互い会話でやり合うものですね♪
__プレイヤーA:「Bさん~そろそろ戻った方がいいと思うよ~w」
__プレイヤーB:「それ考えてた~w一緒に戻ろうよw」
__プレイヤーC:「じゃあ次一緒に戻りましょうか!約束ですよw」

☆☆なぜ人って、こういう冗談が好きなんでしょうね?w☆☆

 

<ゲーム終盤>

※画像はボードゲームアリーナ公式HPより。

「遺物カード」が出ると、少し空気が変わります。駆け引きが始めるのです!

__プレイヤーA:「自分はキャンプに戻りますよ!みなさんは探検続けてね~w」
__プレイヤーB:「まぁ私は探検を続けるけどね~」
__プレイヤーC:「そんなこと言ってるけど、全員戻ったりしてねw」
__プレイヤーD:「障害カードが2種類出てるんだよな~
__________遺物カード狙いつつ戻るのもありだよね」

私はというと、この時おそらくダントツのビリ
⇒2ラウンド3ラウンドともに探検を続けていたら同じ絵柄の障害カードが2枚出てしまい、財宝を失っています。
なので、ここはGETできるか分からない「遺物カード」は諦めて、「探検を続ける」ことにしました。

結局のところみんなの判断は………プレイヤーAさんだけキャンプに戻って、見事「遺物カード」GETでした!

危なかった~💦
ここでキャンプに戻っていたら、「遺物カード」はGETできないし、財宝も少ないうちに戻ることになってた~☆

 

と安心するも、
最終結果は………ビリでした💦

やはり2ラウンド3ラウンドで財宝を全部失ったのが大きくて、
最後までそれを挽回することができませんでした~( ;∀;)

 

ゲームを振り返って、

私って意外と、ゲームの時は大胆に進んじゃうんだな~
普段はかなり慎重に行動するのにな~

なんて感じましたw
次遊んだ時も、「障害カード」に恐れずどんどん探検を続けてしまうでしょうねw

ゲームは会話もあったので少しかかりましたが、15分くらいで終わりました。

サクっと遊べた印象でした!

 

遊んでみて感じた「ボードゲームアリーナ」でプレイするメリットとデメリットをまとめました!

私が感じた「ボードゲームアリーナ」でプレイするメリット
  • 「財宝の山分け」を自動でやってくれる。
    ※実物のボードゲームは、財宝(小さな鉱石)を手渡すなどの処理が必要です。
  • 画面内でそれぞれのカードが整理されて見えるので、状況が分かりやすい。(”自分の財宝の数”、”今出ている探検カードの種類”、”他のプレイヤーの状況” が画面内に収まっているので見やすい。)
ボードゲームアリーナのデメリット
  • 処理が自動なので、ゲームがどんどん進んでいきます。
    初めてだったり、ルールが曖昧だと、展開の速さについていくのが大変かもしれません。

初めてだったり、ルールが曖昧な人がいる時は、ゆっくり丁寧に説明してあげてください。
ゲームの進行や会話を遮るのが申し訳なくて、なかなか質問できない」という人もいます。

他の方の口コミ

他のプレイした方々の口コミを『Twitter』で集めてみました。

良い口コミ

「楽しかった♪」という声が多い中、

  • 博打、チキンレースで面白い
  • 親しい人などとやると特に盛り上がる
  • サクっと遊べる
  • 自動で配置してくれるのがいい(ボードゲームアリーナ全般)

などの声がありました♪

悪い口コミ

ほとんど悪い口コミはありませんでしたが、

  • スマホやiPadで遊ぶと、画面に全部入りきらない
  • 実際のボードゲームで遊んだ方が面白い

などの声がありました。
※そのように解釈させていただきました。気分を害された方がおりましたら申し訳ありません。

最後に

いかがだったでしょうか。

 

「ボードゲームアリーナ」は、

  • 世界中のユーザー・離れた友人と遊ぶことができる
  • 基本無料で、250種類以上ものボードゲームを遊ぶことができる
  • PC・タブレットやスマホ、PS4など幅広い機器に対応している
  • 点数計算、選択肢表示、カードシャッフルなどを自動でやってくれる
  • ちょっとした時間にボードゲームを遊ぶことができる

などのメリットがありますが、今回遊んだ「インカの黄金(Incan Gold)」では特に、

『カードの配置、財宝の分配』を自動でやってくれる。

という点が良かったです。

 

ボードゲームアリーナでは、一部有料のプレミアム会員でないと卓(プレイルームのようなもの)を作成することができません。(参加は無料なので、誰か1人がプレミアム会員になれば遊べます)

※画像はボードゲームアリーナ公式HPより。

今回遊んだ「インカの黄金(Incan Gold)」はプレミアム会員でないとテーブルを作成することができません。(参加は誰でもできるので、誰か1人がプレミアム会員になれば全員遊べます。)

プレミアム会員は少しハードルが上がるかもしれませんが、誰か代表1人がプレミアム会員になればいいので、これを機にプレミアム会員になって遊んでみてはいかがですか?

「ボードゲームアリーナ」の公式HPはこちら

※画像はボードゲームアリーナ公式HPより。

コメント

タイトルとURLをコピーしました