プレイレビュー

ボードゲームアリーナ(BGA)の【お邪魔者】レビュー&口コミをご紹介

みなさんは、最近ボードゲームしてますか??
ボードゲームアリーナ(BGA)というものをご存知ですか??

 

ボードゲームアリーナ(BGA)とは、

  • 250種類以上のボードゲームを
  • オンラインで世界中のプレイヤーと
  • 自宅で好きな時間に
  • PC・スマホ・PS4などのさまざまな機器で

遊ぶことができるサイトのこと

 

今回は、そんな「ボードゲームアリーナ(BGA)」で「お邪魔者(Saboteur)」を遊んでみました。

  • ”お邪魔者” ってどんなゲーム?
  • ボードゲームアリーナでプレイするとどんな感じ?
  • ボードゲームアリーナで ”お邪魔者” を遊ぶメリットは?
    口コミはどんな感じ?

など、「ボードゲームアリーナ(BGA)」や「お邪魔者(Saboteur)」について疑問や興味のある方はぜひご覧ください!

「ボードゲームアリーナ」の公式HPはこちら

「ボードゲームアリーナ」の詳細について知りたい方は

こちらの記事をご覧ください!

お邪魔者(Saboteur)の内容紹介

ゲームの基本情報


※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより

プレイ人数2~10人
※公式HPでは「2~12人」となっていますが、説明書などでは10人となっているので、おそらくミスかと…
プレイ時間36分
複雑さ(5段階)2(簡単)
戦略(5段階)3(戦略性あり)
運(5段階)3(運要素普通)
やり取り(5段階)3(やり取りあり)
BGAでの実装日2012年3月9日
メーカーAmigo
発売日2004年

金鉱を掘り進めて金塊を目指したい「金鉱堀」と、それを阻止したい「お邪魔者」。
2つに分かれて競います。

場に出すカードや会話などから、潜んでいる「お邪魔者」を探し出そう!

人狼などと違って「お邪魔者」だとバレたとしても、
金鉱堀」チームから妨害阻止はされるものの、ゲーム追放まではされません。

人狼は疑ったり、騙したり…
そういうのはちょっと💦

人狼ほどギスギスしないので、ハードルが低く遊びやすかったです。

ゲームのルール・遊び方


※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより。順調に右上に向けて進行中。どのタイミングで邪魔をしよう…。

「ボードゲームアリーナ」の公式HPはこちら

 

金鉱を掘り進めて金塊を目指したい「金鉱堀」と、それを阻止したい「お邪魔者」。
この2つに分かれて競いますが、どちらもゲームの流れやできることは同じです。

ただ違うのは、「協力してゴールカードを目指したい」と「邪魔をしたい」というところだけ!

 

<役割カード>


※↑説明で使用している画像は、ボードゲームアリーナ公式HPの「お邪魔者」にある説明書(PDF)を使わせていただきました。

それぞれの役割が分かった時のリアクションにも注意!
既にゲームは始まっているのですw

 

<ゲームの流れ>


※↑説明で使用している画像は、ボードゲームアリーナ公式HPの「お邪魔者」にある説明書(PDF)を使わせていただきました。

3ラウンドで競うので、1回くらい上手くいかなくたって気にしない!
3ラウンド全部「お邪魔者」になった時は笑ってしまいますw

 

<遊ぶ人数と使うカード枚数>

遊ぶ人数3人4人5人6人7人8人9人10人
使う役割カードの枚数金鉱堀カード3枚4枚4枚5枚5枚6枚7枚7枚
お邪魔者カード1枚1枚2枚2枚3枚3枚3枚4枚
ラウンド開始に配るカード(手札枚数)6枚6枚6枚5枚5枚4枚4枚4枚
金鉱堀チームが勝利した時の報酬金カード枚数3枚4枚5枚6枚7枚8枚9枚9枚
お邪魔者の人数1人2人3人4人
お邪魔者チームが勝利した時の報酬金塊4個分金塊3個分金塊3個分金塊2個分

 

<アクションカードの効果>


※↑説明で使用している画像は、ボードゲームアリーナ公式HPの「お邪魔者」にある説明書(PDF)を使わせていただきました。

「穴掘り道具の破壊」を使って進むのを邪魔したり、
邪魔されるのを阻止したりするのが基本になります。

「宝の地図」でゴールカードの中身を見たらみんなに教えますが、
「ホントに~?」って1回は疑われますw

実物を買うとしたら…お値段を比較

「ボードゲームアリーナ」では、『お邪魔者(Saboteur)』は無料で遊ぶことができますが、

実物のボードゲームを購入するとしたら…?

ということで、「Amazon・楽天・Yahooショッピング」でお値段を調べてみました。
※今回は『お邪魔者』についてのレビューですが、『お邪魔者2』というのもありましたので、参考までにご紹介します。

 お邪魔者
比較サイト(2021年6月時点)お値段
Amazon1,480円(税込) + 送料無料
楽天1,850円(税込)+ 送料無料
Yahooショッピング1,512円(税込)+ 送料無料

 

 お邪魔者2
比較サイト(2021年6月時点)お値段
Amazon2,370円(税込) + 送料無料
楽天1,380円(税込)+ 送料580円
Yahooショッピング1,500円(税込)+ 送料700円

 

 お邪魔者3
比較サイト(2021年6月時点)お値段
Amazon4,180円(税込) + 送料無料
楽天3,200円(税込)+ 送料350円
Yahooショッピング調べた時点では出品がありませんでした💦
以前は出品されていたので、時期によってはまた出品されるかもしれません。

 

 プレイレビューと口コミ

遊んでみた感想


※画像はボードゲームアリーナ公式HPより。

説明書を少し読んだうえでルールを教えていただき、今回は8人でプレイ!

遊んでみての最初の感想は、

「お邪魔者」の時、バレずに邪魔するのが難しい💦

でした。

「お邪魔者」として邪魔する方法は、

  1. 道がふさがる「通路カード」を置く。
  2. 変な方向に進む「通路カード」を置く。
  3. 右方向に進んでいくので、関係ない左方向や上・下方向に道を広げる。
  4. 「アクションカード」を他のプレイヤーに使う。
  5. 「宝の地図」カードでゴールカードの中身を見て、嘘をつく。
  6. 1枚捨ててパスする。(何もしない、通路カードを捨てるなど)

が私は思いついたのですが…
どれも、「この人お邪魔者だ!」とすぐにバレてしまいます。

②③⑥は「いいカードがないから~」と言い訳しても疑われし、
⑤は「嘘をついているかも」と確認のために他のプレイヤーが同じカードを見たらバレてしまいます💦

そこで途中から、「お邪魔者」だとバレてもいいので邪魔をどんどんしていきました!

今回のように8人プレイだと、「お邪魔者」は1人ではありません。
すぐ「お邪魔者」だとバレたとしても、ゲームから追放されるわけではないので、
他の「お邪魔者」からこっそりとアシストしてもらったりしながら、
こちらもチームで対抗!

それでも、「お邪魔者」チームが勝つのは難しい💦

 

遊んでいる中で、1ラウンドだけ「お邪魔者」チームが勝つことがありましたが、
通路カードが偏ったことが大きな原因のようです。
(「金鉱堀」チームがほぼ全員、変な方向に進む通路カードしかこなかった💦)

どうやったら「お邪魔者」チームが勝てるのか…
良い方法があったら教えていただきたい♪

 

遊んでみて感じた「ボードゲームアリーナ」でプレイするメリットとデメリットをまとめました!

私が感じた「ボードゲームアリーナ」でプレイするメリット
  • カードのシャッフルと配るのを自動でやってくれる
  • スタートカードとゴールカードの配置を自動でやってくれる
    ※スタートカードとゴールカードの距離はカード7枚分と決まっているので、位置調整は少し面倒
ボードゲームアリーナのデメリット
  • 「アクションカード」の使い方が分かりにくい。
    ※使う「アクションカード」をクリックし、使う相手の名前の下にあるアイコンをクリックする
  • 通話なしだと、「金鉱堀」か「お邪魔者」か判断する材料が1つ減ってしまう。
    ※会話も大事な判断材料になります。

他の方の口コミ

他のプレイした方々の口コミを『Twitter』で集めてみました。

良い口コミ

「楽しかった♪」という声が多い中、

  • 人数が少ないと楽しさが減ってしまう。7人くらいで遊ぶのがベストだと思う!
  • 実際のボードゲームよりも盤面が見やすい

などの声がありました♪

悪い口コミ

ボードゲームアリーナで遊ぶときの話ではありませんが、

  • 強い言葉などで非難されてしまいやらなくなった。口論になってしまった。
  • 「お邪魔者」であることを隠す方法が難しい

などの声がありました。
※そのように解釈させていただきました。気分を害された方がおりましたら申し訳ありません。

つい夢中になって、強い言葉を言ってしまうこともあるでしょう。
それだけボードゲームは面白いということなのですが、
”一緒に楽しむ” ために集まったメンバーだということを忘れないでください。

「ボードゲームは相手がいないと遊べない」
それをつい忘れてしまいますよね💦

最後に

いかがだったでしょうか。

 

「ボードゲームアリーナ」は、

  • 世界中のユーザー・離れた友人と遊ぶことができる
  • 基本無料で、250種類以上ものボードゲームを遊ぶことができる
  • PC・タブレットやスマホ、PS4など幅広い機器に対応している
  • 点数計算、選択肢表示、カードシャッフルなどを自動でやってくれる
  • ちょっとした時間にボードゲームを遊ぶことができる

などのメリットがありますが、今回遊んだ「お邪魔者(Saboteur)」では特に、

『カードの配置やシャッフル、プレイヤーに配る』を自動で表示してくれる。

『盤面全体やゴールカードまでの距離が分かりやすい』

という点が良かったです。

 

ボードゲームアリーナでは、一部有料のプレミアム会員でないと卓(プレイルームのようなもの)を作成することができません。(参加は無料なので、誰か1人がプレミアム会員になれば遊べます)

※画像はボードゲームアリーナ公式HPより。

ですが、今回遊んだ「お邪魔者(Saboteur)」は非会員でも遊ぶことができます。

無料で遊ぶことができるので、気になった方はまずやってみましょう!

面白さは、やってみないと分かりませんよ!

「ボードゲームアリーナ」の公式HPはこちら

※画像はボードゲームアリーナ公式HPより。

ABOUT ME
kyawapaki
宮城県仙台市在住の30代サラリーマン。 30歳頃にボードゲームというものを知り、その面白さや種類の多さに魅了♬ ボードゲームに関する情報収集も兼ねて情報を発信していきます♪
こちらの記事もおすすめ